ソフトウェア
アフィリエイト広告・PR

CefSharp.BrowserSubprocessが原因でOBSをインストールできないときの対処

小倉 淳
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、個人事業OguLinks代表の小倉(@jun_ogulinks)です。

OBS Studioを再インストールしようとしたところ何故かできませんでした。

CefSharp.BrowserSubprocessが原因となっているようですが、日本語での解決策が見当たらず、海外で同じような症状の人がいたので、その対処法を紹介します。

スポンサーリンク

OBSファイルがCefSharp.BrowserSubprocessで使われている?

(OBS StudioをインストールしようとするとCefSharp.BrowserSubprocessが原因でインストールできないと言われてしまう)

もともと下の記事にあるトラブルに見舞われ、トラブル解消の一環としてOBS Studioを再インストールしてみようと思ったのが事の始まりです。

関連記事
OBS Studioで映像キャプチャデバイスウィンドウがフリーズしてしまったときの対処
OBS Studioで映像キャプチャデバイスウィンドウがフリーズしてしまったときの対処

結果として上図のような謎のメッセージが表示され、インストールができないという状況に陥りました。

謎のメッセージには

(原文)

OBS files are being used by the following applications:

CefSharp.BrowserSubprocess

Please close these applications to continue setup.

(翻訳)

OBSファイルは、以下のアプリケーションで使用されています。

CefSharp.BrowserSubprocess

セットアップを続けるには、これらのアプリケーションを終了してください。(DeepLによる翻訳まま)

OBS Studioインストール時に発生した警告より

と、あります。

CefSharp.BrowserSubprocess??

全く身に覚えがありません、怖いですね(笑)

これ単独でネットで検索すると多くの情報が出てきます。

このプログラムの存在自体は問題のある場合とない場合があるそうです。

自分でインストールした何かしらのアプリケーションに同梱されていた可能性が高いですね。

しかし、このプログラムとOBS Studioとの関連についてピンポイントで答えてくれている日本語のサイトは見つかりませんでした。

DeepLがCefSharp.BrowserSubprocessを利用している

(解決策を提示してくれている質問サイトはこちらをクリックすることで見ることができます)

という訳で、英語で探したところ見つけました!

同じ症状で困っている方が質問サイトに投稿しており、回答も付いていました。

回答によるとDeepLがこのCefSharp.BrowserSubprocessを利用してるとのこと。

小倉
小倉

確かにDeepLはいつもタスクトレイに常駐させているな・・・犯人はこいつか!?

という訳でタスクトレイに常駐中のDeepLには一時退場してもらうことにしました。

(タスクトレイに常駐しているDeepLを右クリックから終了させる)

この状態で再度、OBS Studioのインストールを開始すると何の問題もなくインストールできました。

なお、DeepLの終了はOBS Studioのインストール時のみで大丈夫です。

インストール後にDeepLを起動させ、タスクトレイに常駐させてもOBS Studioの動作自体に問題が起こることはありませんでした。

また、実際にDeepL起動時にCefSharp.BrowserSubprocessが動いているのかどうかの検証も行ってみました。

下図はDeepLを起動していない状態(左)と起動している状態(右)で、タスクマネージャーの表示がどのように変化するか見たものです。

一目瞭然ですね。

OBS Studioをインストールできなかった原因がDeepLのタスクトレイ常駐であることが確定しました。

起動するとCefSharp.BrowserSubprocessがやたらとたくさん出てくるのは気持ち悪いですが、状況からみて問題になることはないでしょう。

CefSharp.BrowserSubprocessがどのプログラムで動いているのか調べる方法

(画像出典:Microsoft, Process Explorerのサイトより)

今回はDeepLが原因である可能性が高いという情報をもとにタスクマネージャーでCefSharp.BrowserSubprocessが実際に動いているかどうか調べることができました。

ですが、本来であればそういった情報がないのが普通です。

では、全く情報がない状態で特定のプロセス(ここではCefSharp.BrowserSubprocess)がどのアプリケーションで動いているのか調べるにはどうしたら良いのでしょうか?

今回の質問サイトでの回答者によるとMicrosoft社のProcess Explorerを使うことで調べることができるとのことでした。

Process Explorerのダウンロードサイトはこちらになります。

すでに結果は分かり切っていますが、今後のためにもProcess Explorerで同じ結果が得られるか試してみました。

こちらが結果です。

タスクマネージャーで調べたものと同じ結果が得られました。

なるほどこれは便利なツールですね。

今後、同じようなトラブルが発生した時には活用しましょう。

まとめ

CefSharp.BrowserSubprocessによるOBS Studioのインストールが出来なくなる事象とその解決方法について紹介しました。

DeepL利用者は有名で人気のあるサービスですので、利用者も多いでしょう。

OBS StudioとDeepLを両方使っているという方は今後のOBS Studioアップデート作業時に気を付けるようにしましょう。

ご相談受付中

Pythonのプログラム・GUIアプリケーションを作って仕事の効率化をお手伝いします!

科研費等での支払いにも対応しており、国立・私立大学の先生から複数の受注実績があります。

対応可能かどうかも含めてお気軽に問い合わせページからご相談ください。

OguLInks公式サイトのトップページに簡単な事例紹介もありますのでご参照ください。

【公式サイト】
OguLinks公式サイト
OguLinks公式サイト

Twitterでお得情報をゲットしたい方はフォローいただけると幸いです。

(投稿一覧はこちらからどうぞ)

ABOUT ME
小倉 淳
小倉 淳
テクニカルフェロー / 個人事業主
国立研究機関(医療系)の非常勤研究職員であり、大学の保健医療学部で非常勤講師として毎年60コマ以上の講義・演習を担当。  

自身のプログラミング技術を活かすため、個人事業OguLinksを立ち上げ、教育・研究機関の研究者を対象にPythonプログラムの開発等を請け負っています。  

臨床検査技師と精神保健福祉士の有資格者。  

経歴等(→ResearchMap)
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました